公明党?創価学会 日本政府の与党である公明党は創価学会か

子育て

公明党?創価学会 日本政府の与党である公明党は創価学会か。「抗議できない」が答えです。フランスの国営放送で「創価学会21世紀のセクト(カルト)集団」 「創価学会は社会を死に至らしめる巨大カルトであり全体主義的?拘束的?反人権的団体でもある」と特別番組で1時間にわたって放送 日本政府の与党である公明党は創価学会から送り込まれた「政治部隊」であるわけで、自民党はこのことについてフランスに抗議することはないのでしょうか アメリカ?ドイツ?フランス?オーストリア?ベルギー?チリ 等では、創価学会を政府が「セクト(カルト)」と指定してるようですが こんな時こそ、4年間も姿を見せない池田太作は「抗議」すべきだと思いますが 公明党員はどう思ってるのでしょうか 戦後革新勢力の対立と分裂。第三節 民社党――社会党から分裂した社民主義政党が。反共の新自由主義
政党へ が独力で政権交代を実現する力量を持たないことを内外ともに示した
結果となり。革新陣 営の焦点が働き。逆に野党が分裂しやすいのは政党政治
の常」ではあるが。それでは革新が分が非常に少なかった公明党?創価
学会と共産党。民社党と労組中央組織の同盟。社会党内のこの選挙では「保守
回帰」現象と呼ばれたように自民党が復調して安定多数を確保したこ

「公明党」と「創価学会」は政教一致。創価学会が支持母体となっている公明党は。自民党と連立を組んで与党の立場に
ある。宗教団体が政治に関与することを日本国憲法で定められた政教分離原則に
違反するおそれがあるという批判もあるが。この批判は間違いだ公明党?創価学会。先日。飯島勲内閣官房参与が。「公明党と支持母体の創価学会の関係は政教分離
原則に反しない」という政府見解を見直す可能性に言及した。これは公明党と
創価学会にとっては「脅し」とさえとれる重大発言。これが。「公明党」と「創価学会」は政教一致。池田大作が公明党を創設するきっかけになった幼少期の悲劇 から続く写真
この記事の写真を見る枚 かつてはこうした関係について「政教分離」の
原理に反しているのでは?創価学会が支持母体となっている公明党は。自民党
と連立を組んで与党の立場にある。宗教団体が政治に関与することを日本国憲法
で定められた政教分離原則に違反するおそれがあるという批判もあるが。始動
したバイデン外交。国際主義の旗に埋め込まれた「中間層の利益」

要約。関係にあることを示し。政権構造によって負担増政策が成立するための必要条件
が異なる ことを明らかにする。連立政権では。与党を構成する政党が。
有権者から選挙で同じように評価されるわけでは ない。理論的には。首相を輩出
する

「抗議できない」が答えです。下らない雑誌記事に対して都度、裁判を起こして言論封殺をしてきた創価学会が、フランスなど数か国で「創価学会は社会を死に至らしめる巨大カルトであり全体主義的?拘束的?反人権的団体でもある」と1時間にもわたって放送されたのに、これには見て見ぬふり。自公政権の最大の支持母体が、テロカルト扱いされたわけですよ笑おかしな話ですね。創価学会が海外10か国からカルト認定された証拠は多いし、国内外の著名人の多くが創価学会をカルトとみているから、特に利害のない海外で「創価学会はカルトではない」という理屈など通用しないのです。>公明党員はどう思ってるのでしょうか?公務員の知人が多い私はよく知ってます笑行政機関は「自公政権は弱者の味方」であり「人権を大事にする人達」という嘘の看板をつけて対応をしているそうです。自民党や公明党が押し付けてくるのだから仕方ありませんね。これに反発しても、予算削減や、トップの入れかえという憂き目に遭うだけですし。しかし健常者は、カルト、犯罪組織、異常者集団という目でみてますよ。フランスは国営放送で 『創価学会―21世紀のカルト』と題した特別番組を放送。翻訳され他国でも放送された。「秘密に身を包み、信仰者と社会を破壊する、全体主義のカルト教団」というナレーションから番組は開始する。番組の内容はこうだ。フランスでは、日本のオーム真理教の事件をひとつのきっかけとして、仏下院国民議会がカルトに関して調査委員会を設置し、報告書をまとめた。そこでは、カルトの本質を「新しい形の全体主義」である、と定義づけたのである。それは、「魚は頭から腐る」のことわざのように、このカルトの問題を放置しておくと、自由と民主主義を抑圧し、最終的には社会全体を「死」に至らせる、という危機感からである。カルト構成要件の10項目「アラン?ジュスト報告書」1精神の不安定化、2法外な金銭要求、3住み慣れた生活環境からの隔絶、4肉体的損傷、5子供の囲い込み、6大なり小なりの反社会的な言説、7公共の秩序に対する錯乱、8裁判沙汰の多さ、9通常の経済回路からの逸脱、10公権力に浸透しようとする企て そして、国民に警戒を呼びかけているのだが、カルト問題の本質的かつ最も重要なところは、こうしたふんだんな資金量を誇り、それをバックに国家権力をも乗っ取りかねない「巨大カルト」の存在なのである。フランスで制定された反セクト法、正式名称人権及び基本的自由を侵害するセクト的運動の防止及び取り締まりを強化する、の法律。 この法律の想定しているセクトとは、フランス政府の規定による社会との軋轢を生む傾向のある団体のことであり、アメリカや日本などではわゆるカルトと呼ばれる団体とほぼ同じである。 代表的なところでは統一教会世界基督教統一神霊協会、サイエントロジー、エホバの証人、創価学会などの現地法人がフランス国内での犯罪性や人権侵害の度合いなどに基づきセクトとして取り扱われた。日本のメディア、特にテレビ局や大新聞が創価学会について深みのある取材、報道を行なうことはほとんどない。創価学会がマスコミのスポンサーとなっていたり、自公政権からの報復を恐れてだが、海外メディアは創価学会問題に意欲的な取材を展開している。6月8日、フランスの国営放送チャンネル2が創価学会に手厳しい番組を放映した。「いったい、創価学会はどこまでいくつもりなのか。なぜ、日本の社会に浸透しようとしているのか。どういう意図を隠して仏教から離れて権力に近づこうというのか」――政権与党である公明党の支持基盤に対して、大きな危惧を投げかけている。広々とした座敷で、数人の女性創価学会員が正座して題目を唱えているシーンが続く。ナレーションが入る。<マントラを唱えることが人生への答えである。教師とか芸術家とか会社の管理職たちが、この考えを受け入れてくれる。そういうふうに他から尊重される。ホワイトカラーのカルト、それが創価学会である>国によって物差しが違うのは当然としても、フランスほど創価学会に対して厳しい態度をとる国はないだろう。96年には日本の衆議院にあたる国民議会が報告書の中で「創価学会はカルトフランス語ではセクトだ」と認定しているほどだ。 創価学会は現在、世界135か国で布教活動を行なっている。それを束ねているのが創価学会インタナショナルという組織で、会長を務めているのが池田大作?創価学会名誉会長だ。フランス創価学会は他の多くの国々と違った独自の布教活動を行なっているわけではなく、むしろ日本の活動を忠実なまでに再現しているに過ぎない。にもかかわらずフランスで創価学会といえば「カルト」扱いなのだ。 ちなみに、この場合のカルトとは「全体主義的拘束的反人権的団体」という意味だ。 ヨーロッパではカルト基本法などによって、カルトの要件として、精神操作および精神の不安定化、肉体の健全さを損なう、周囲との断絶、信者の自由の制限、教祖グルが活動を主導する、子供のバランスのとれた発育を損なう、金銭活動の重視、集中した改宗勧誘……などが定められている。「慧妙」紙最新号より抜粋 本年六月八日に、フランスの国営テレビ局チャンネル2が、『創価学会―21世紀のセクト』と題するドキュメンタリー番組を、約一時間にわたって放映した。 フランスといえば、学会員が一万人ほどいるとされ、ヨーロッパにおける創価学会の中心地。その地の国営放送が学会批判の番組を流したのであるから、ただごとではない。 もっとも、フランスではすでに、国会が創価学会を「危険なカルト教団」と認定している。 そんなこととはご存知ない日本の学会員は、池田大作を称して「世界の指導者」「世界中が先生を求めている」などと言うが、海外における実態は、うさん臭いカルト教団の支配者としか見られていない、ということだ。学会の指導に従い家庭崩壊。「バカげた命令」に盲従する会員 次に登場した男性、マジット氏は、八年前に奥さんが学会に入会したことで、家族がバラバラにされた、と沈痛な面持ちで語る。 彼は、離婚して、母方についた子供にも会えなくなったという、つらい心情を吐露して、 「これは、二人の正常な人間が別れたというようなものではない。彼ら学会と私の戦争だ。学会は間違いを助長している」 と言い、幼い子供が学会に毒されていく過程を見てきた上から、 「ある意味で、子供はカルトの心理に犯されている。本人が、父親に会わないことにしたのだが、むろん、その背後には堅固な働きかけがある」 と、学会への強い怒りを語る。 ナレーションは、 「最近、同様の事件に対し、二件の判決が下りた。その二件とも、創価学会をカルトだと認定した。 裁判で信者学会員は負けた。裁判官は、子供に学会の呪文を唱えさせることは精神錯乱を引き起こすので危険だ、と認め、子供を学会の修行から遠ざける判決を下した」 と説明を加えた。 ナレーションでは、こうした学会の指導を「バカげた命令」 と言い、 「それは『指導』と呼ばれている」 と、学会の指導なるものの短慮さ、お粗末さを揶揄し、当然のことながら、それらの指導=盲目的に服従していく学会員の心理を、異常と捉えている。そういえば、日本でも、夫が学会を脱会して宗門についたところ、まだ躊躇していた妻に対して、学会幹部が日毎夜毎訪れ、「離婚しなさい」とか「子供には、『お父さんは悪い人だ』と教えなさい」等と指導していた、という話がたくさんある。 要するに、それらの幹部のように、独善的で偏狭な、およそ人格者からは程遠い考え方が形成されていくのが池田創価学会の信仰成果であり、それは、日本だけでなく、世界中の学会員に共通している、ということだ。学会の金儲け体質を抉る[どんな機会も無駄にせず金儲け」「これは、儲かるゲームだ」 というナレーションで始まる次のテーマは、学会の、組織を使った金儲け体質。「学会は、張り巡らしたさまざまな部門を利用して、売上を上げる」 と、会員から金を搾り取ろうとする商魂を紹介する。勲章や要人との対話で自らの権威付けを図っていることも、見逃がさない。番組は、創価思想の教育機関としての創価大学を紹介し、学会の世界戦略の危険性を示唆する。 そして、かつて池田の権威付け対話の一人として利用された、元フランス大統領?ミッテラン氏の夫人から、対話実現に至った裏話を引き出し、「もう一生、池田氏とは会わない」 との言葉を紹介している。最後の結びとして、「創価学会は、フランスでは、カルトの中で最も危険なものの一つとされている」「学会は、国際的な構造をもった、新たなるカルトの原型」「現在、フランスの創価学会内部は分裂しはじめている。それは、池田大作の支配により、方向がおかしくなっていることに気づいたからだ」 として、二十一世紀への警鐘をならして、番組を終了している。日本のテレビ局が、学会への遠慮を破って、ここまでストレートに学会の実態を報道できるようになれば、その時、確実に日本の社会は好転していくであろう。「フランスで創価学会はカルト認定」云々というのは、反創価学会勢力が鬼の首を取ったように、得意げに日夜喧伝していることですが、これもまた、例によって現地の学会組織を脱会した者による悪意の言を鵜呑みにしたがゆえの、フランス政府当局者の誤解によるものです。しかし、その後は、学会組織の真の姿が分かるにつれて、政府当局者の学会に対する心証は改善されています。ちなみにフランスの隣国?イタリアでは、政府が現地の創価学会組織と「インテーサ」宗教協約を調印しました。これは、国家の厳正な審査を経て、協約が正式に発効された宗教団体に、教育?研究機関の設立など、さまざまな権利を認めるというものです。これまでに承認されたのは、同国内の12の団体のみです。このように、ヨーロッパにおいても、学会理解は日増しに増えているのです。学会アンチはそれが悔しくて、事実を曲解しつつ、様々な難癖を重箱の隅をつつくように日夜学会に浴びせているわけです。しかし、アンチの者たちがいくら躍起になって学会の評価を貶めようと狂奔しようとも、「真実は太陽と同じことで、隠すわけにはゆかない」ロシアの作家?ドストエフスキーのであり、無駄な労力なのです。質問者は「池田太作」などと、いかにも学会アンチらしいひねくれ切った表現で池田先生を侮辱していますが、このようなアンチの邪悪な心根にこそ「抗議」します。だいぶん前に、サッカー日本代表を決める時、当時、間違いなく選ばれるのが当たり前の選手が、なれなかった事がありました。けど、誰も抗議しなかった様です。当時の代表監督は、創価嫌いのフランス人、外れたのは学会員でしたね。

  • ハネジロー ハネジローの別れ描かれる『ウルトラマンダイナ
  • 宮川サトシ レーシックた童貞
  • PROFILE メンバーの誕生日かデビュー日か結成日の
  • この映画が面白い いう映画のこ言おう思って見行こう思うん
  • メール内容 元々不登校でピアス開けたの来年学校行こう思っ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です