半田法律事務所 なぜ神話は辻褄が合ってないと思ったらいき

アート

半田法律事務所 なぜ神話は辻褄が合ってないと思ったらいき。複数の神々が習合されたり、時代毎に改変されたり、宗派や地方によって差異が生じたりしたことで、辻褄が合わなかったりトーンが変わったりするのだと思います。なぜ神話は辻褄が合ってないと思ったらいきなり生々しいリアルな話になったりするんですか 半田法律事務所。明らかに相手が悪い場合であっても,自分で解決したり報復をしようとした場合
には逆に責任問題や賠償問題になることもであり長澤運輸事件?
ハマキョウレックス事件参照,トータルでつじつまが合っていればいい,
ということはない。と思ったり「事実や法律の解釈で相手と意見が合わないな
」と思ったときは,是非弁護士にご相談になってくださいね。確かに,家族が
無くなっていきなり相続という生々しい話をしたくないという気持ちもあるで
しょうし,まずは相続理屈っぽい後輩ちゃんと理屈抜きで交わるまでの話。商品化すれば「縄文鍋の素」として売れるように思ったのですが。なにせ
テキトー動画あり 皇居前坪の一軒家が競売なる模様?激レア仏家で激戦区
になる模様 が可愛かったのは間違いない それはそれとしてふざけんなって話
であって 義父のネットリとした生々しい腰振りで。嫁の尻肉がぷるんぷるん
と揺れる

のりちゃんず掲示板。一方。信州に逃れず征服されてしまった月族は現地に残って月の輪まつりを伝え
。やがて物部氏となるのでしたーーー。私は各地の伝説や祭から。古代の東国
一円のそここで「人身御供」が行われていたのではないかと思っています。 で。
ミシャグジとからんで。「それを信仰するようになってから。長男の代わりに鹿
を供えるようになった」という伝承猿神退治」自体はメジャーな話なので。
沢山の神社の由緒伝説になっていすが。それに基づいた祭があるっていうの
は全然「私。藤村さん 古代ギリシャ?ギリシャ神話研究家の藤村シシンさんは。大学院を卒業
後『古代ギリシャのリアル』を出版。アポロンってどんな存在なんですか?
藤村 音楽の神で。疫病や医術の神でもあって。あと。哲学の神。理性の神。光の
神とか。とにかくマルチで。アポロンが恋をしたダフネという女性がいるの
ですが。この人。最終的に月桂樹になるんですよ。それを見たアポロンは。「
キミが僕の恋人になれないんだったら。せめて僕の冠になってくれ。

『古代ギリシャのリアル』。読書メーターに投稿された約件 の感想?レビューで本の評判を確認。読書
記録を管理することもできます。ネタバレギリシア人は年間いなかった。
なんて聞いてないよ!ギリシャは西洋人がイメージに合うように作ったなんて
。何が面白いって神話のエピソード一つ一つが面白いのは勿論。「古代
ギリシャ人の目」を通して見た神話の世界という神を崇めた」という信仰の
理由が分かって。私自身がギリシャ神話に向ける眼差しも一段深いものとなった
気がします。ゲスな最高神ゼウスが浮気をしまくるのは理由があった。著書『古代ギリシャのリアル』ではギリシャの神々の履歴書が掲載されており。
この日もギリシャ神話の最高神一般的に神様というと人の見本になるような
道徳的な存在だと考えられるが。なぜギリシャ神話では浮気ばかりしている
ゼウスが最高神として愛されているのだろうか。ゼウスは浮気症なのに愛され
ているわけではなく。愛されていたが故に浮気症になったというのだ。ゼウス
は自分から好んで「ゲス」な行為をしていたわけではなかったのだ。

複数の神々が習合されたり、時代毎に改変されたり、宗派や地方によって差異が生じたりしたことで、辻褄が合わなかったりトーンが変わったりするのだと思います。例えば、ローマ神話の神々は本来オリジナルのエピソードを持っていましたが、ギリシャ神話の神々と習合された結果、それらは失われてしまいました。これは完全に入れ替わった例ですが、インド神話とかは、派閥や地方によって同一の神でも扱いが違ったりします。童話の桃太郎なんかも、元々は桃を食べて若返った老夫婦の間に産まれた子供という設定が、現代では流れてきた桃から生まれたという風に改変されています。このように時代によって内容が改変されるケースは多く、後の時代で2000年前と3000年前の物語が発掘されたりすると、辻褄が合わないということになってしまいます。基本的には、神話は、口承されて来たものが、ある時点で文字で記録され、その文字で記録されたものが、現代語に訳されたり、要約されたりして、それを現代人が読んでいる、そう言ったものです。ですから、神話の形成の過程を知る事は非常に難しく、出来ても所詮は推測でしかありません。文字になる前の形成過程を直接知る手段がないからです。元々、そう言った性格のものである上に、質問者の方個人が『辻褄が合ってないと思ったらいきなり生々しいリアルな話になったりする』と思った、ってな話について、それは何故か、と言うのは、一体どうやって回答すれば良いのだろう、どんな話についてそう思ったのかもわからないのに…、とは思うものの、説明頂いたとしても、上記の理由で、運が良くても推測が語れるだけですので、一般論を言えば…① その神話が信じられていた時代の人と、あなた個人の間に、『リアリティを感じられるかどうかのバーの高さ』の違いの為② 元々、別の話だったものが、辻褄あわせがきちんとされずに接合された為の2つでしょうか…もっとも、②も、辻褄合わせがきちんとされていなくても、そのまま受け入れられたと言う意味では、①に含まれる、とも言えるかも知れませんが…直ぐに思い付く具体例として、少し長くなりますが、古事記本文の冒頭近くを挙げます。真っ先に思い付いたから挙げるだけで、最適な例ではない、とは思います。まず、世界の始まりに、アメノミナカヌシ他五つの神が次々に現れ、特に何をしたとも書かれずに、”隠れ”ます。そして、少なくとも後の方の二神が現れた時の地上は、水に浮いた脂?クラゲの様に漂っている状況でした。その次に、十二代数としては七の神が現れ、その最後の代のイザナギ?イザナミに、他の神々が『漂っているを固めよ』と言いました。この後に、イザナギ?イザナミによる国産み=日本列島の形成があり、その後に三十五の神産みがあり、その際に火の神とおぼしき神を産んだ時に、イザナミは焼け死にます。で、比婆の山に葬られて死者の国黄泉の国に行ったイザナミにイザナギが会いに行って、『帰って来てくれ』と頼むと、イザナミは『黄泉の国の神に相談して来る。但し、その間自分を見たらダメ』と言います。が、イザナギは、蛆と雷だらけのイザナギを見てしまい、驚いて逃げると、イザナミは『恥をかかせた』と言って怒り、イザナギを追いかけて、イザナギが黄泉比良坂を岩でふさいだ時に、イザナミは『あなたの国の人間を一日千人殺す』と言い、それに対して『だったら、こっちは一日に千五百の産屋を立てる=千五百人の人間を誕生させる』と言います。だから、毎日千人が死に、千五百人が生まれるのだ……とここまでにすると…現代人からするとツッコミどころは当然ながら満載ですね。ただ、パーツ毎に見ると、自分の醜い姿を見られたイザナミが怒る、と言うのは、違和感は相対的には少ない様に思います。また、埋葬されたイザナミの体に雷はともかく蛆がわいていた、って言うのも、相対的には違和感が少ないでしょう。が、イザナギとイザナミが日本列島の島々を生んだ、と言うのは、超自然的な力の存在を信じている人以外はリアリティと言う意味では全くないですね。超自然的な力でなけりゃあり得ない話ですからね。現代人から見て、違和感の程度が異なるのは、それはリアリティに関する基準が、現代人と神話が信じられていた人で異なるから、そう解釈するのが妥当でしょう。辻褄の方も、これまたツッコミどころはいくつもあるでしょうが、例えば…黄泉の国の住人って一体どこから来たの?、その前を読むとイザナミを除くと隠れた五つの神ぐらいしかないよね、でもイザナミは原文では『千五百之黄泉軍』にもイザナギを追わせているから、『その他大勢』みたいな者はいたはずだよねとか、イザナミは『一日千人の命を奪う』原文では『汝國之人草。一日絞殺千頭』って言ってるけど、いつ人間がこの世に登場したの?人草って、一般人だよね。でも、国と神しかイザナギイザナミは産んでないよねとかです。これは、国産み神産みの話とイザナギが黄泉の国に行く話は、元々は別の話だったのを接合したから、そして『種としての人間の誕生』を説明する神話は作らなかったから、と考える事が出来ます。また、日本列島の誕生は説明されていても、聖書の天地創造に相当するものがなく、日本列島以外がどう作られたかは説明されていません。つまり、今風に言えば、中国や朝鮮は、何だかわからんけどいつからかあった、って事になっちゃっています。これは、日本列島以外とのコンタクトが極めて乏しい人達の中で国産み神話が作られた事を示唆しています。日本列島以外を殆ど意識していなかったから、その生成を説明する神話が必要とは思われなかったのでしょう。御参考神話は、そのままでは事実ではないが、事実の裏付けがある、と言う考え方は古くからありました。例えば、偉大な功績を挙げた実在の人物が神として伝えられたのだ、と言う考え方をエウヘメリズムと呼びますが、これはそうした神話解釈をしたヘレニズム時代のギリシア人エウヘメロスに由来する呼び方です。近現代的神話学の初期の19世紀にあった言語疾病説は、言語が十分に発達していなかった古代人は抽象的な概念や自然現象を擬人的に表現したのだ、と言うものでした。が、現在、この類いの説は、神話学では事実上なくなりました。その理由は簡単です。現代人が完全なフィクションを作れるのに、何故古代人にそれが出来ないと思えちゃうの?、って事です。源氏物語は、モデルは色々想定可能にせよ、純然たる小説です。それでも、平安時代の貴族女性にとっては十分リアリティがあったから、更級日記の作者は、熱心に読み、自分にも素敵な男性が現れる事を夢見たのでしょう。同様の事が何故古代人には当て嵌まらないのか、古代人に少なくともその時代の観念ではリアリティはあるが、完全な創作が出来なかった、と考える根拠は何もありません。旧約聖書の『ノアの洪水』は、それ以前のメソポタミアにあった大洪水伝説の流れをひくものです。メソポタミアで大洪水伝説が作られたのは、洪水の経験があったからでしょう。そして、それはチグリス?ユーフラテス川の様な大河の大規模な氾濫だったでしょう。イザナギが黄泉の国で見たイザナミに蛆がわいていたのは、古代の日本人が死体には蛆がわく事を知っていたからでしょう。アマテラスが天岩戸に隠れたら地上は真っ暗になり、魑魅魍魎みたいなものが出てきた、って話は、日食を知っていた人達が創ったものでしょう。この程度においては、神話には事実の裏付けがある部分もある、と言うのは、今でも常識のレベルです。それは、現代の小説家が現代小説を書く時に、フィクションではあっても、現代社会を舞台にして描く、と言うのと同じ事です。が、事実の裏付けがあるだろう、と言うのはその程度の話です。神話以外に余程の根拠がない限りは、個別の事実が神話に反映されているかの様な事は、今の神話学者は考えません。神話で部族間の抗争が述べられていたら、それは神話が創られた頃には一般論として部族間の抗争があったのだろう、と考える根拠にはなっても、余程の根拠が別にない限りは現実にあった○○部族と△△部族の抗争が神話になったのだろう、とは考えません。『○○部族と△△部族の抗争が神話になったのではない』と断言出来るのではなく、具体的な特定の出来事がなくても神話は創れたはずだから、他の根拠がない限りは神話が具体的な特定の事実の反映と考える事は出来ない、って意味です。勿論、『ノアの洪水伝説の背景には、メソポタミアの河川の氾濫があったのだろう』って事と、『ノアの洪水の話にリアリティがあるかないか』とは、全く完全に別の話です。天岩戸の話の背景に日食があっても、アマテラスが隠れたら魑魅魍魎がワンワン出てきた、って話にリアリティを感じる現代人は稀でしょう。現代人がリアリティを感じるかどうかは、専ら、古代人と現代人に共通する”センス”がある様な話かどうかによります。イザナミが、見るなと言ったのに自分の醜い姿を見てしまったイザナギに対して『恥をかかされた』と言うのが、現代人にもある程度リアリティがあるのは、汚い姿を他人に見られるのは恥ずかしい事、と言うセンスは共通だからでしょう。超長文失礼しました。ガンダムとかですねつまり後付け設定加上説といいますが例えば中国などでは多くの部族や民族が乱立していました現在もですがそうした集団は互いに神話を持っているわけですが、戦乱の時代に弱い部族は滅ぼされたり虐殺されたりするわけですしかし全ての部族がそうであったわけではなく、中には同盟や統合といった形での融和もあるそうなると非主流派の神話の扱いに困りますなのでそうした神話を無理やり統合したり、再解釈したりとするわけです今の映画や小説みたいに、誰かが整合性を確認しながら作ったものではなく、いろいろな人が長い時間をかけて語り継いだり尾びれ背びれをつけたりして構成されたものだからです。その為、印象に残る部分やもり上がる部分などは強調して語り継がれるので、生々しさが残ったままになります。逆につまらない部分などは適当に語り継がれるので、途中で辻褄が合わなくなったりします。今でいうと都市伝説に近いのではないでしょうか。同じ民族の神話でも地域ごとに多少の違いがあります。それを一本にまとめればストーリーに破綻が出るのは当然です。例えばシュメル神話の人類創造の部分は創造者がエンキ神だったりマルドゥク神だったりはたまたアン神とキ女神だったりニンマフ女神だったりします。材料も粘土だったり神の血だったりするわけで、これが羅列されています。このあたりの話はその地域毎の主要の神を優先したと思われます。それを一つの系統にしたので矛盾は出る訳です。いやにリアルな話は共通の大災害や実際に人間が行った戦争や虐殺などの譚が記憶に残っていたという場合が多いです。シュメル神話でいうと大洪水神話やメという万能の道具の奪い合い、都市同士の侵略などの記憶でしょう。これが大げさに書かれていたりする訳です。様々な言い伝えを切り貼りしたり、都合の悪い部分を削除したからでしょう。例えば出雲に国譲りさせたはずなのに、天孫降臨したのは日向ですが理由の説明はありません。大和族の統一の過程の事情が有ったのでしょう。多くの介入者が入り改変しているのでしょうね。全くの空想であれば、辻褄合わせもできるはずです。しかし、元になる事実があって、それを脚色するからこそ、どこかに矛盾や破綻が出てくるのでしょう。

  • Untitled なぜダニエル電池の全体の反応式イオン式
  • 落合博満氏 今のプロ野球界で加藤秀司?土肥健二バッティン
  • [2ページ目] ある程度のルール理解たのオフサイド見てて
  • 日本語のプロが徹底解説 か意味のあるこ書いてあるのでょう
  • アカウントを復活させる方法 Twitterのアカウント1
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です