南極海由来アミラーゼ生産菌の性状と利用に関する ①~④で

モデル

南極海由来アミラーゼ生産菌の性状と利用に関する ①~④で。まず、ヨウ素デンプン反応で青紫色になったということは、デンプンが分解されずに残ったということです。森林内の微生物の分解作用についてです次の手順で調べました ①1%(重量)のデンプンを含む寒天培地をペトリ皿に入れ、蓋をしてオートクレーブで滅菌した後、室内に置いて冷ます ②採取した森林内の土を①のペトリ皿にのせ(ペトリ皿A)、素早く蓋をする ③採取した森林内の土をフライパンでよく焼き、冷ました後、①のペトリ皿に②と同じくらいの量をのせる(ペトリ皿B) ④ ②、③のペトリ皿A、Bをそれぞ 数日間放置した後、培地にヨウ素液を流し、それぞれのヨウ素デンプン反応を確認する ①~④で培地中のデンプンが分解せずに残り、ヨウ素デンプン反応によって青紫色になった場合、微生物はどうなったと考えられるか 30字以内で簡単に説明しなさい、 この問題はどうやって答えるのが適切ですか 南極海由来アミラーゼ生産菌の性状と利用に関する。図 – 株のマルトース培地中の還元糖量の経時変化 ペクチン。セルロース
培地においては還元糖の変化が全ての菌株においてみられなかった。 考察
デンプン分解について 還元糖は微生物の増殖が進むごとに増加し。

まず、ヨウ素デンプン反応で青紫色になったということは、デンプンが分解されずに残ったということです。「微生物はどうなったか」という問いですが、そもそも土壌微生物がデンプンを分解するということが前提にないと成り立ちません。Aでは青くならなかった=デンプンが分解したという結果があるとします。①は培地だけで、もともと微生物がいないので、デンプンはそのまま残っていて、青紫色になります。Bは土を焼いたので、微生物は死滅しているはずです。そうすると①の状態と同じなので、青紫色です。答えとしては、「土を焼いたために微生物は死滅し、デンプンが残っている。」という程度でしょう。出題者と貴方の間の関係に応じた内容で答えるのが、適切です

  • 効果を消す 暗視水中呼吸のポーション飲んだ状態で牛乳飲ん
  • 学校に行かないという選択 家の中でまだ見かけたこありませ
  • 音響レンタル マイクアンプのレンタルって借りたい日の前日
  • 原監督の人的補償撤廃案 FA人的保障おかい思いませんか
  • 知恵袋のライフって0なったらどうなるんか
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です