第19章:悔い改め キリスト教徒の人たちは罪を犯した場合

グルメ

第19章:悔い改め キリスト教徒の人たちは罪を犯した場合。キリスト教=聖書でいう罪とはキリスト教徒にならない事です。キリスト教徒の人たちは、罪を犯した場合、罪を償えば許されるべきとは考えていない 罪を犯した者は死後永遠に苦しむのが正しい、それが好きだ、心地よいと考えている 信者になってから犯す罪は赦されるのでしょうか。今回の質問は「無知で犯した罪」についてですが。キリストを信じた日から心に
聖霊が住んで下さるので。つまり。クリスチャンになってから犯す罪も
。すべて許されるということですもし。私たちが自分の罪を言い表すなら。神
は真実で正しい方ですから。その罪を赦し。すべての悪から私たちをきよめて
それゆえ。発見したことを実行に移すという心構えで聖書を学ぶべきです。
罪や問題のある行動から抜け出せない自分がいて。苦しいです。

教皇フランシスコ。教皇フランシスコ。いつくしみの特別聖年公布の大勅書「イエス?キリスト。父
のいつくしみのみ顔」いつくしみ――。それは神がそれゆえにわたしたちに
会いに来られる。究極の最高の行為です。だからこそ神は。マリアを愛のうち
に聖なる者。汚れのない者にしようと考え。そう望まれたのですエフェソ?
そうして「仲間をゆるさない家来」のたとえを語ります。同じく呼びかけは
。過ちを犯した人や汚職に手を染めている人にも向けられています。第19章:悔い改め。また,姦淫,私通,同性愛関係, 伴 はん 侶 りょ や子供への虐待,違法薬物の
販売や使用など,教会員の資格に影響を及ぼす重大な罪を犯した場合は, 然 しか
るべき神権役員に告白しなければなりません。だれかほかの人に対して罪を犯
した

キリスト教=聖書でいう罪とはキリスト教徒にならない事です。キリスト教信者の癒しを具体的に言えば、信者になった自分は神の側に立った義人となり「永遠の命」を与えられ、神の敵である未信者と異教徒が裁かれる様を空想しながら「高笑い」する愚劣な快楽です。マルコ福音書16/16 新共同訳信じて洗礼を受ける者は救われるが、信じない者は滅びの宣告を受ける。ヨハネ福音書8/24だ、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになると、わたしは言ったのである。『わたしはある』ということを信じないならば、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになる。」第2テサロニケ書簡2/12こうして、真理を信じないで不義を喜んでいた者は皆、裁かれるのですイエスは弟子たちの勧誘に耳を傾けない街は「ソドムやゴモラの地の方が軽い罰で済む」と恫喝して凄んでいます。●マタイ10:14あなたがたを迎え入れもせず、あなたがたの言葉に耳を傾けようともしない者がいたら、その家や町を出て行くとき、足の埃を払い落としなさい。15はっきり言っておく。裁きの日には、この町よりもソドムやゴモラの地の方が軽い罰で済む。」ーー●ヨハネの福音書3:36.御子を信じる者は永遠のいのちを持つが、御子に聞き従わない者は、いのちを見ることがなく、神の怒りがその上にとどまる。』まあ、そう思うならいいと思いますよ。ただ、キリスト教ではブレス氏の言ったとおりなので。それがキリスト教なので。「人を殺してしまいました」何に寄って「償えますか?遺族は「もとに戻してくれるなら…」と言うでしょう。何に寄って償いますか?そして、神様に対しての「罪」は、僕が「償え…」「赦す…」って言う事でしょうか?償う内容、赦しの条件は聖書に汁sレ手るじゃありませんか?神様は「償いを受け入れない」とは、言ってない様です。神様は「赦さない」とは、語っておられません。何か勘違いされてますかね?罪の赦し、それは「神の前限定」です。キリスト教では、麻原彰晃だって、サリン事件の実行犯だって、殺人魔だって、大強盗だって、強姦魔だって、悔い改めれば、罪を赦されて死後、天国に行くことができる宗教です。最後は神の前にその罪を告白して赦しを受ければ、最後は天国へ行けます。彼らはその信仰によって罪を赦され、天国に行けるのです。これは,全てのキリスト教宗派に共通の教えです。「罪の赦し」はキリスト教の基本です。イエスの十字架と復活を信じて、洗礼を受けると、罪の上に新しい永遠の生命が、上書きされ、新しい人、に生まれ変わり、洗礼を受ける前の罪は、どんな罪でも許されます。極端な例で、失礼ですが、何人殺そうと[神?の?前]あくまでも[神の前]限定です=では赦されます。その後、犯した罪は、悔い改めれば、死後、救われ=赦され、天国に行くことが出来ます。心の底から悔い改めれば[神の前]限定で赦されるのです。あくまでも[神の前]限定です。心の底から悔い改めたかどうかは神が審判します。私たちの神様に対する罪は、罪なき神のひとり子イエス?キリストが、十字架上ですべて身代わりに償ってくれました。生まれつき罪びとである人類には、償いきれないからです。罪びとは、ただキリストの身代わりの償いを信じることによってのみ、神様から赦しを得られるのです。「イエス?キリストによる救いの知らせ福音」悔い改めに伴なう、キリストにある罪の赦しをいつも説いているのを、聞いたことありませんか?犯した罪を償えると思う事は、傲慢です。他人を傷付けて、無かったように償えるなんて、有り得ません。 しかし、己が犯した罪を、心の底から悔いて、改めるなら、イエス様が、貴方が傷付けた相手に、貴方を許す心を与えます。罪を犯した者に、永遠に苦しんで欲しいと思う心は、憎しみに捕らわれています。イエス様は、『愛しなさい、許しなさい』と、教えました。それは、『貴方が、愛され、許される道だから』と???キリスト教徒の想いは知りませんが、イエス様の教えは、この通りです。我々はそんなことは何も考えてません。愛である神が与えてくれる人生を生き死後、愛である神の元に帰るだけです。人間には自由意志が与えられてるので愛である神の元に帰れない人生を生きる人もいます。われわれは、できるだけ神のみ旨に従って生きそして神の身元に帰る事を願っているだけです。地獄に行く人はその人の自由意志でそうするのです。その人の自由を尊重します。

  • 充電のしかた USBで充電ようているの充電中ランプ繋ぐつ
  • 好きなボカロ曲の話 好きなボカロ曲ボカロ以外で
  • 2019年 ノアのハイブリッドプリウスアルファだノアのほ
  • 走者のルールベースボールモンスター 野球のルールついてホ
  • 再建築不可とは リフォーム建築関係の方
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です