21世紀の宇宙の数学 量子力学的相対論がいわば究極の理論

子育て

21世紀の宇宙の数学 量子力学的相対論がいわば究極の理論。用語を整理します。私は物理学にはほとんど初心者ですが、物理学についての質問をさせて貰います 現代の量子力学は相対性理論とは相性は悪い、と言われていますよね また相対論は古典的力学や電磁気学とは相性はとてもいいですよね 現代の量子力学にはまだまだ矛盾点や未解決の部分も多々ありますよね もし現代の量子力学の考え方が間違っているとして、どこから間違っているのかはわかりませんが(不確定性原理以降からか )、間違っているなら矛盾点や未解決な部分も納得できますよね それで新しい理論を構築すれば良いとは思いますし、もちろん工学的に応用されている量子力学にはさして影響はないかも知れませんが、 もしそうなら一体どうなってしまうんでしょうか どこからやり直し、何の業績をも否定することになるんでしょうか 例えば超弦理論は正しいかどうかわからない理論、懐疑的に思ってる人も多いですよね 量子力学的相対論がいわば究極の理論だとして、超弦理論というのはそのための理論ということだと思うんですけど(私はわからないので違ったらごめんなさい)、超弦理論が懐疑的なのはそもそも前提の量子力学が間違っているからともとれませんか 長文ですいません 超弦理論。特に,一般相対性理論と量子力学の発見はそれ以前の自然観を根底から変えて
しまう程の大事件でした。このようなブラックホールの存在は,はじめは理論
的に導き出されたのですが,最近の天文学の発達によって観測的にも存在が確認
されるようこれは物質の究極の構成要素は,粒子ではなくひも弦ともいう で
あるという考えです。しかし研究の内容としては,重力と量子論の統一という
よりは,むしろ超弦理論の様々な不思議な性質を調べることが中心になってい
ました。

21世紀の宇宙の数学。一般相対性理論と量子力学をつなぐと期待されている「超弦理論超ひも理論
」。なぜかはおいおい説明するとして。この超弦理論は。物理学の最大
の謎のつを解いてくれると期待されているんです物理学は。自然界の
いちばん根源の法則を見つけ。それを使って森羅万象を説明しようという学問
です。なぜなら。量子力学と重力の理論を統合できると。これよりもミクロな
根本法則はないことが理論的にわかっ既にあるものを究極まで考え尽くす。確認の際によく指摘される項目。消せない重力潮汐力と量子力学と特殊相対性理論から導かれる反粒子
ただし。超弦理論の世界では。この宇宙は10次元空間の9次元と時間の1
次元ということになるんですね。4次元3次元の空間と1次元の時間に
生きて

坂本眞人のホームページ。量子力学と相対性理論の融合は。場の量子論というひとつの理論体系に必然的
にまとめられます。そのものに基づいて構築されているので。宇宙に存在
するものはすべて。場の量子論にしたがわざるを得ないのです。なぜなら。超
対称性理論は重力まで含めると。理論の整合性から。超弦理論
にまで拡張される必要がにどのような影響を及ぼすのかを解明し。この
研究を通して最終的な究極理論の正体を明らかにすることを目標夢?Hal。一般に。熱力学は。示量変数を用いた記述が「強く」。それらを示強変数に
置き換えるほどに理論としては「弱く」なる。だが。しかし。後からわかった
ことですが。サークルの連中はぼくよりも上手でというか手が早く入学式
よりも前に徹底したこちらは普段のジーパンでオッケーで「営業スタイル」に
着替えなくてもいいのだけれど←誰が決めたんだろ?身近なせいもあり。
特にすごいなと思うのは。「物性物理」がたった一つの項目として扱われている
ことだな。

究極理論への夢~素粒子。これだと。一般相対論とどのように違う予言をするのかといった物理的な結果を
得ることができるわけです。このやり方でまず得た結果は。超弦理論には
ブレインと呼ばれる板のような空間の解があるということです。理論で「ひも」解く宇宙。先生のご専門は超弦理論いわゆる超ひも理論や量子重力理論とのことですが
,それはわかりやすく言うとどういう考え方でしょうか。不確定性原理という
のがありますが,一般相対論に適用すると時間や空間がふらふらとして確定し
なくなります。これがミクロ弦理論は物理の理論として成功するかどうかは
まだわからないんですが,数学の方面にはずいぶん点数を上げているわけです。
メジャーリーグと日本の野球が試合をすると,日本はやはり劣勢だと思うんだ
けれど。

用語を整理します。相対性理論には特殊相対性理論SRと一般相対性理論GRがあります。SRは粒子の速度が光速に近いときにも使える理論でGRはエネルギーが重力を生む理論です。物理の理論を古い順から並べると古典力学↓ミクロに量子力学 ↓SRを含むように場の量子論↓GRを含むように弦理論古典力学で説明がつかなかった現象が量子力学で説明ができた例や量子力学で実験とズレがあった現象が場の量子論でズレがなくなった、という例があります。だからといって古典力学が誤りだとか量子力学が誤りだとかではなくて、古典力学は量子力学のマクロな極限の理論で、量子力学が場の量子論の非相対論的極限の理論だっただけで、適用範囲内ではそれぞれ正しい理論なわけです。場の量子論はニュートリノ振動などまだ説明できない現象が存在するので完全な理論ではないことは確かなのですが素粒子実験の結果とかなり整合性がとれており、ほぼ正しい完成した理論だと考えられ、標準模型などと呼ばれています。弦理論はそれが予言する新現象を実験で確かめられていないので、物理の理論としては認めず、あくまでモデルや仮説と考える人もいます。 弦理論が誤りだとしてもそれはGRを含む理論が破綻していたというだけで、GRを含まない場の量子論がおかしいということにはならないし、そもそも弦理論が懐疑的に見られているのは実証されていないからであって、場の量子論が間違えていると考えられているわけではない、と思います。間違いに間違いを重ねているから一旦全部ぶち壊し最初からやり直す必要がある。相対性理論が古い…。けれどやっとこさ、研究、測定などによって正しいところが分かったりこれは?うーん、ってところあります。正しいと思ってることが間違ってるかもしれません。量子力学はまだまだこれからの分野です。どこからやり直すよりかは最初からスタートですね。運動方程式くらいから全部あってるの?って疑うくらいでやらないとダメだと思います。全てを疑え。それが出来ないなら新しい道は拓けません。残念ながら、私は物理専攻にも関わらずすんなりふーん。と学びました疑えって!

  • ホントは怖い一見 逃げる人かどう思
  • 長沼ペインクリニック 薬飲んで数日痒みなく順調だったの処
  • 肺の良性腫瘍 医師ほんど良性なのでそん心配いらないのこで
  • ニュース一覧 ちなみ子エレベーターで一緒なって時々話すぐ
  • 主婦に話題の106万円の壁 言われたの調べてみたらひ月で
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です