BORUTO考察大筒木イッシキの強さについて 対イッシキ

アート

BORUTO考察大筒木イッシキの強さについて 対イッシキ。弱体化という言葉は嫌いなので、老化という言い方をします。BORUTOのナルトはNARUTO最終局面の時より弱くなってますか 対イッシキ戦になっても、NARUTOの時みたいに派手な技連発しませんし まだ使える切り札が沢山あるはずなのに出し惜しみしてませんか それとも作者の意図でしょうか ボルト。ジゲンは再び九尾の尾に杭を打った。ジゲンの能力は超シンプルだけど。応用が
効く。 だからナルトとサスケは手こずっているんだ。 ナルトも同じ技ばかりBORUTO考察大筒木イッシキの強さについて。本日は作中最強キャラの呼び声が高い大筒木イッシキの強さについて考察しま
した! 他の大筒木一族との戦い?大筒木カグヤナルトサスケ?大筒木
キンシキ土影?水影?雷影?風影?大筒木モモシキナルトサスケ+ボルト
サスケの天照やナルトの螺旋丸も通用せず。手も足も出ない状況であった。
この戦闘で大筒木イッシキの能力は瞳術であることが明らかとなった。

弱体化という言葉は嫌いなので、老化という言い方をします。10代のナルトはゴリ押し、相殺形でしたが、ボルトの漫画を見たときに、考えて行動していたので、里を守るためにも、最小限の攻撃で最大限の被害を出さないことを考えているため、派手な術は使いません。?最終局面は集大成となるので当然強さも盛られてる?良くも悪くも前作であった主人公補正が消えたので弱体化鈍りも多少ある?イッシキの単純強さのに加えて忍術を吸収してくるから下手に派手な技が連発できないって感じでナルトにとっては天敵のような存在且つ、物語の主役を降りたので場面によっては見せ方や扱いも変わってくると思います後は元のスペックの違いでイッシキからの評価に格差があるように優れた洞察眼や輪廻眼の力特に空間系の術を持ち、吸収できない範囲の戦術を得意とするサスケのほうがよっぽど脅威になってるかなと逆に最終局面よりもナルトが強かったらナルトが無双するだけのアニメになる。弱体化してます理由として火影の仕事が事務作業ばかりで現場から離れ過ぎによるブランクが原因BORUTOにおけるナルトは、火影の膨大な仕事をほとんど一人でこなそうとするあまり、常時影分身を数体出して、年中無休で働き詰めです。そのため、本体がちょっと転んだだけで影分身が解除されてしまうほどに疲労困憊の状態がずっと続いています。このため本気で戦闘なんか行おうものならあっという間にチャクラが尽きてしまうようなギリギリの状態であり、出し惜しみしているという表現は的を射ています。NARUTOの最終局面の時はハゴロモに力を借りていたのでナルトもサスケもBORUTOではあの時よりは格段に弱くなってますサスケはチャクラ量も減ってる気がしますね

  • akeeyo 前後の映像バー店の中なので瞬間か出ないん
  • Rocketumblr 世界最悪性能の軍用機
  • 2020年度 広島カープの菊地セカンドバント下手か
  • 頭文字d8 累乗た時のちっちゃい数字ってて言うんでたっけ
  • vocab ?リニア中央新幹線や平塚市大神のツインシティ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です